ワキガはヨーグルトで治る!?効果あるの!? - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

ワキガはヨーグルトで治る!?効果あるの!?

      2017/08/11





s6

腸内環境がワキガに影響する!?

腸内環境が悪いと身体の調子もなんだかすぐれませんよね?

悪い症状として良く知られているものには

ニキビ、肌荒れ、便秘、免疫力の低下などが上げられます。

 

ヨーグルトがワキガ対策に効果があると言われているのは

この腸内環境を整えるのに

ヨーグルトに含まれている成分が良いように作用することにあります。

 

口から食べた物は胃で消化され、

肝臓、腸を通り

栄養として身体に吸収される物と

尿や便、汗といった排出される物に分けられます。

 

腸内環境が悪い人は

本来排出されるべき老廃物がうまく排出できずに体に溜め込んでしまうため

それが悪臭を放つ有害物質を生みガス化するようになってしまいます。

 

ガスになった有害物質は

腸壁から再び身体に吸収され

血液中に溶け込み全身を巡ることになり

脇の下のアポクリン腺から汗として排出されて

更にワキガのにおいを強くしてしまうのです。

 

だから腸内環境が悪くなり便秘になっている人はワキガ臭も強くなっているといえます。




腸内環境の良し悪しは何できまるのか?

私たちの人間の腸の中には100種類以上で100~1000兆個の菌がいると言われています。

 

これらの菌は大きく3つに分けられ

善玉菌悪玉菌日和見菌と呼ばれていて

お腹の中でこれらの細菌たちが常に戦いを繰り広げています。

 

名前の通りわたしたちの身体にとって

良いように働きをするのが善玉菌で

腸内を腐らせたり有毒物質を作ったりと悪く働くのが悪玉菌です。

 

そして日和見菌はそのいずれでもなく

善玉菌が優勢であれば善玉菌側について良く働き、

悪玉菌が優勢であれば悪玉菌側について悪く働くというとても厄介な存在です。

 

だから腸内環境を良好に保つには

この日和見菌を善玉菌側につけておくことが不可欠といえます。

 

腸内環境改善に効果のあるヨーグルトに含まれている成分とは?

ヨーグルトってお腹にいい!

というのは誰もが一度は耳にされたことがあると思います。

 

わたしも小さい頃からTVのCMなんかで視たりして

ヨーグルトがお腹の調子を整えるのに効果的な物だと認識していました。

 

それらでいつもよく耳にしていたのはビフィズス菌ですが、

このビフィズス菌は乳酸菌と合わせ善玉菌の代表でもあります。

 

ビフィズス菌、乳酸菌入りのヨーグルトを身体に取り込むことにより

整腸作用を高くし、

その結果

排便も良くなりワキガのにおい対策にも効果を生むことになるのです。




まとめ

・ビフィズス菌入りのヨーグルトが腸内環境改善に効果的

・腸内環境を改善するとワキガのニオイも軽減する

・ヨーグルトを食べるとワキガのにおい対策になる

 

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌を体に採り入れ善玉菌の活動を活発にし腸内環境を良くすることでワキガのにおい対策になります。

 - ワキガの悩み