疲れ切った腸内環境を整えるのに効果的な絶食の仕方とその効果とは - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

疲れ切った腸内環境を整えるのに効果的な絶食の仕方とその効果とは

      2017/08/10

im01

あなたの腸、
このごろ頑張りすぎてやしないですか?

腸が疲れて元気がなくなると働きが悪くなり、
便秘や肌荒れ、体がだるくなったり体調を崩しやすくなったりもします。

そういえば心当たりがあると思われた方もおられるのでは?

そんな疲れ切った腸を休めてあげるのに効果的なのが絶食です。
今回は絶食についてご紹介させていただきます。



絶食の目的と効果

腸の働きは消化吸収、排泄、免疫など様々な働きがあり仕事量もかなり多いです。

健康な腸であれば全てをさばききれるのでしょうが、
不規則な生活や、過度のストレスなどで腸が弱ってしまうと
腸がオーバーワークになってしまい腸内環境が崩れてしまいます。

絶食は働き者の腸の仕事を減らすことで、
負担を軽減し残りの仕事に専念できるように助けてあげるのが目的です。

腸が休まり本来の活動を取り戻すことにより、健康な体を作り上げてくれるというわけなんですね。

絶食のやり方

start

絶食に慣れている人の中には10日も続ける方がおられるようですが、
初めて絶食をしようという方には危険すぎますので、まずは1日から始めるのがおすすめです。

1日といっても絶食前と後の調整期間もありますので、トータルで1週間が1サイクルとなります。

まずは絶食前夜の食事を軽めに済ませます。ここから翌日の夕食までを絶食します。

水分(水かお茶)はこまめにたっぷり摂るように気を付けてください。

どうしても我慢できないときは野菜ジュースがヨーグルトを摂取してしのぎます。

絶食後の翌日は、

朝 ヨーグルト

昼 野菜ジュース

夜 お粥

のように腸に負担がかからないようにします。

いきなり普段どおりの食事にしてしまうと
腸に甚大な負担がかかってしまいますので十分に気を付けて下さい。

以後2~6日にかけて腹4分、6分と徐々に食事の量を調節していきます。

絶食の注意点

im03

絶食を行う際に気を付けなければいけないことがいくつかあります。

絶食中は栄養補給がストップしますので当日はゆったりした日を選んでください。

腸に刺激的なお酒、たばこは控えるようにしてください。

脱水症状に気を付け水分はこまめに補給しましょう。



まとめ

絶食は気を付けるところが多く難しそうですが、その効果はかなり期待できそうです。

現代の食生活は栄養の偏りが著しく腸への負担がかかりすぎている方も多いです。

日頃から頑張りすぎている腸を少し絶食という形で手伝ってあげることで
腸が本来の働きを取り戻しあなたに元気な体を提供してくれるでしょう。

 - 腸内環境・便秘改善 , ,