辛い鼻炎を治すのに知っておきたい!!腸内環境との関係とは? - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

辛い鼻炎を治すのに知っておきたい!!腸内環境との関係とは?

      2017/08/11

 鼻炎

風邪でもないのに、鼻水やくしゃみが止まらない。

そんな辛い鼻炎に悩まされているという方は多いのではないでしょうか。

私の周りにも年中鼻声な方や、耳鼻科で薬を処方してもらい服用している方も多いです。

鼻炎で悩む方は年々増加傾向にあります。

 

その原因の一つとしてあげられるのが腸内の環境です。

腸内環境の良し悪しが鼻炎の症状に関係していることが分かっています。

今回は腸内環境と鼻炎の関係についてご紹介いたします。




免疫機能に関係する腸の働き

腸の働きは運ばれてきた食べ物、水分を吸収する働きの他にも体を外敵から守る免疫機能を司るところでもあります。

腸内には人体の免疫細胞の約70%が集まります。

その免疫機能をコントロールするのが腸内に存在する善玉菌、悪玉菌をはじめとする数百種類存在する細菌によって作られる腸内環境です。

 

腸内の細菌はそれぞれが決まった割合で生息しており、この細菌のバランスが崩れた時腸内環境は悪くなります。

腸内環境が悪くなると腸機能が低下しますので免疫機能が低下したり便秘になったりしてしまいます。

免疫機能が低下し許容範囲を超えてしまった時に体内に異物が入ってくると免疫細胞は体内で処理できず体外へ出そうとします。

くしゃみ、鼻水は異物を体の外へ出すための反応と言えるわけです。




免疫機能を下げないために腸内を整える

和食

腸内環境を良くするとされる食品はたくさんあります。

ヨーグルトやオリゴ糖などは腸内で善玉菌を増やし腸内を善玉菌優勢の環境を作ってくれますし、

はちみつやお酢も腸の蠕動運動を活発にしてくれます。

中にはそれらを取り込んで錠剤にしたサプリメントもあるぐらいです。

他にもポリフェノールをたくさん含んだ健康茶や、

酪酸菌を体内に取り込める納豆などの発酵食品なども効果が期待できるので自分に合うものを選ぶといいですね。

ちなみに私のおすすめは朝食のパンと一緒に食べるはちみつです。甘いものが好きなので。




まとめ

免疫機能が下がると今まで対処できたものにも対応できなくなってしまい症状が悪化してしまうので腸内環境には気を遣ってあげたいですね。

腸内環境を整える食品を取りながら、適度な運動や半身浴、十分な睡眠などをプラスしてあげると一層効果が高まりますよ。

腸内環境を整えて辛い鼻炎を治しましょう!

 - 腸内環境・便秘改善