腸内環境と体温が正常でなければ要注意!癌になることもある!? - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

腸内環境と体温が正常でなければ要注意!癌になることもある!?

      2017/08/11




体温が下がると病気を招く

image001
腸のことを、あなたはどれだけ知っているでしょうか?

腸は体温との関係が密接にあります。

腸内細菌の悪玉菌は、腸が冷えると増えます。

つまりお腹を冷やさないということが腸内環境を良くすることになるんですね。

そして体温が下がると、免疫力も下がり、色んな病気を招いたり

ウィルスにも感染しますし、その症状も重くなります。

また、自律神経の働きも悪くなり、食欲低下、便秘になることも多くなります。

悪化すればガンにつながることもあります。
 




悪玉菌を減らし便秘解消する

腸に良い善玉菌を増やすには、

まずはお腹を冷やさず体温を36.5℃から37℃に保てるようにしましょう。

そして便秘にならないようにすること。

特に便秘は悪玉菌そのものなのです。

 

どうしてかというと、

腸はウンチを作って出さなければいけないところだからです。

もしそのウンチが出なかったらどうなるでしょうか?

腸内にある悪玉菌が増えていきます。

 

私の友人にこんな人がいました。

毎日トイレにもこもれないほど忙しい日々が続き、1週間、便秘に苦しんでいました。

そしてとうとう腹痛のため職場で倒れてしまったのです。

救急車で運ばれ便秘の恐ろしさを知りました。

 

さて、悪玉菌の大敵、便秘を無くすにはどうすればよいのでしょうか?

食べ物ではビフィズス菌や乳酸菌の多い食べ物(ヨーグルトなど)を採ること、

食物繊維の多いものを食べること。

それでもどうしても出ないときは、便秘薬も服用していいと私は思います。

 

そして、

私がこれが一番大切だと思うことはストレスを溜めないということです。

 

ストレスとうまく付き合う

私の場合は、企業に入社してすぐの頃に、「慢性十二指腸炎」になりました。

体温はそんなに気になりませんでしたが、今思えば冷えていたんでしょうね。

毎朝、吐き気に襲われるようになりました。

 

最初は胃の病気だと思い、病院で胃カメラを撮りましたが、

その時にこの病気が発覚しました。

原因は、ストレスです。

 

社内では、私1人だけが身体障害者(脳性マヒによる体幹機能障害)でしかも正社員でしたから、周囲の人、特にパートやアルバイトの人には無視をされ、冷たい視線も多く、その中でポツンと委縮した状態が2年半ほど続きました。

そのうち食欲はなくなり、朝はますますひどい吐き気に襲われ、

それでも通勤する私に、

兄は「可哀想だ、もう辞めさせた方がいい」と母に言い、

母も「辞めてもいいのよ」と言ってくれましたが、

私はイヤで辞めれば必ず悔いが残るから、と無理に通勤していました。

 

でも毎日のストレスに私も自信がなくなり、

ついに退職を決意し退職願いとその理由を店長に告げました。

すると、店長はとても驚いた様子で

「もっと早く言ってくれれば、そんなに1人で苦しまずに済んだのに。君は正社員なんだから退職なんてもったいない。堂々としていればいいんだ。社内環境の良い場所に移すことにしよう。」と言ってくれました、

その言葉を聞いた時、とても涙が出るほど有り難かったです。

 

そして上司や社員が多いところに移動が決まり、それから退職までの9年半ほど同じ職場で仲間も次第に出来き、仕事帰りに皆とお酒を呑むことも多くなりました。

 

慢性になってしまっているので、朝の吐き気はそれ以後も続いていますが、職場での人間関係のストレスは感じることは少なくなりました。

退職したのは、私のやるべき使命を果たした達成感と、今後の生活を考えて無理をしないように身体を考えてのことでした。

 

結婚した今でも主人とのいざこざが絶えない時などのストレスはありますが、

私が日頃から、なるべく健康を保つため特に意識していることが3つあります。

  1. まずはストレスを溜めないこと。                         ストレスを発散するには主人以外の人との会話です。
  2. 夜はしっかり眠ることで体内時計を正確にすること。
  3. 毎日、自分が楽しいと思い笑うことを1つでも行うこと。

これこそが腸内環境に良い影響を与えてくれると私は思います。

皆さんも特にストレスには十分気をつけて下さいね!




そして、まとめとして…

まずは、体温を36.5℃から37℃に保ち、お腹を冷やさないこと。

善玉菌を増やして腸内環境を整えること。

そして、ストレスを溜めないこと。

楽しいことをして笑うこと。

 

皆さんも少し意識してみて下さいね!




 - 腸内環境・便秘改善