これだけあれば継続できる!?腸内環境を良くする食材 - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

これだけあれば継続できる!?腸内環境を良くする食材

      2017/08/11

image001

便秘や肌荒れ、体のだるさなどで腸内環境の乱れに気付いた方、次はその乱れた腸内環境を整える番ですね。

早速今日から腸にやさしい食事を心がけましょう。

 

でも、腸にやさしい食品って何?

「野菜は良くて肉は良くないって聞くけど・・・」

「とりあえずヨーグルトは腸にいいから続けてみよう」では長続きしませんよ。

 

そんな方に必見、今回は腸内環境を良くする食材をご紹介いたします。

自分に合った食材を見つけて腸内環境を改善し健康を維持したいですね。



腸内環境を改善するのに効果的な食材

それでは腸内環境に効果的な食材を見てみましょう。

 

チーズヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を改善してくれます。

image004

image006

ヨーグルトについてはコチラの記事も参考にしてみてください。

 

 

味噌糠漬けにも植物性の乳酸菌が含まれており腸内環境を改善してくれます。

image008

image010

 

 

 

サツマイモ切り干し大根に含まれる豊富な食物繊維が善玉菌を増加し腸内環境を整えてくれます。

image012

image014

 

 

 

緑黄色野菜根菜類は食物繊維の代表選手ですね。

キムチなどの発酵食品の中にも乳酸菌が含まれており腸内環境を整えてくれます。

image016

image018

 

 

 

はちみつに含まれるグルコン酸が腸内のビフィズス菌を増加してくれます。また強い殺菌効果も期待できます

らっきょうには善玉菌を増加させる効果と消化不良を改善させる働きがあります。

image020

image022

はちみつについてはコチラの記事も参考にしてみてください。
 

いろいろありますね。

これらの食材は腸内で善玉菌を増加させたり、腸の蠕動運動を活発化させたりする効果がありますので腸内環境改善に期待できます。

単体で食べても、おかずにひと手間加えてアレンジするのもありですね。

 

わたしのおすすめは

中でも私のおすすめは糠(ぬか)漬け、味噌です。

糠漬け味噌には酪酸菌が含まれており腸内で善玉菌の働きを助けてくれます。酪酸菌の凄いところは芽胞というバリアで自身を守れるため腸内環境が悪い中でも生存できるところです。

 

そんな酪酸菌を継続的に取り込めるメニューを勝手に考えてみました。

朝 味噌汁    昼 お弁当に糠漬け   夜 ビールのお共にもろきゅう

朝 納豆ご飯   昼 糠漬け       夜 野菜のネギ味噌炒め

朝 パンチーズ  昼 梅干し       夜 冷やし中華

 

若干味噌、醤油、糠漬け中心の生活になってしまいますけど、腸内環境を整えるのに酪酸菌はもってこいです。




まとめ

 

腸内環境を整える食材はいろいろあるんですね。

一つ二つだけだと継続しにくいので、種類を増やしたり、ひと手間加えたりするのが継続できるコツです。

腸内環境を整えて元気な体を取り戻しましょう。




 - 健康食材, 腸内環境・便秘改善