脳性マヒ(CP)の人の笑いは?どうやって笑うの? - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

脳性マヒ(CP)の人の笑いは?どうやって笑うの?

      2017/08/10

脳性マヒ笑う01

昔から「笑う門には福来る」という言葉がありますね。

今、医学でも「笑いが病気を治す」と注目されています。

それは、笑うことで血糖値が下がり、ガンの予防につながり、糖尿病やリューマチの治療にも効果がみられ、笑いを取り入れる医療が増えています。

笑うことで体内の遺伝子、代謝やホルモンが活性化され分泌を促し、健康に良い効果が得られると「笑いの効用」に注目しているのです。

さて、CPの人も笑いが必要か?

医学や医療だけではなく、どんな人間でも笑いが全てを良い方向へ導いてくれます。

もし、この世に「笑い」がなかったら・・・

そう思うだけでゾッとしますね。




脳性マヒ(CP)はよく笑う

私の友人は私を含め、よく笑います。

つまりゲラです(笑)。

 

私は特に小さい時から「よくそれだけ笑えるなぁ」と言われるぐらいゲラです。

CPが笑う時、人により様々ですが、顔をクシャクシャにして引き笑いになります。

笑いすぎて呼吸困難になりそうなぐらい笑う人もいます。

笑うCPの人達は私を含め、持続はしませんが笑うことで少しリラックスできる状態になる   んです。

 

たとえばTVを見て面白いシーンがあったり、私の場合では娘がユニークなので面白いことをしたり、面白い言葉とか替え歌を歌ったりすることが多く、そういうのを聞くともう私はゲラゲラと笑います。

シーンとなった時は、笑うのを我慢するのに大変です。

「何がそんなに面白いんだ!」と注意されることもあるぐらいです・・・(-_-;)。

逆に、これは家庭環境の違いもありますが、笑うことでナメられてはいけないと思うCPもいます。

いつも苦虫で、、何か納得いかないことがあればすぐに噛みつくような自分を作ってしまうのです。

 

森進一さんの「襟裳岬」の歌詞の一節にこんな詩があります。

 

「日々の暮らしはイヤでもやってくるけど

静かに笑ってしまおう

いじけることだけが 生きることだと

飼いならし過ぎたので

身構えながら 話すなんて

ああ 臆病なんだよね」

 

引用「襟裳岬」

私達家族はこの曲が好きで、

特にこの歌詞の「いじけることだけが生きることだと飼いならし過ぎたので・・・」というところが昔から社会や家族に虐げられてきたCPや他の障害者達のことを思ってしまうのです。

 

笑いや笑顔の効果

脳性マヒ笑う02

話は元に戻りますが、笑いや笑顔は本当に大切です。

あと笑える人は得なことがいっぱいあります。

たとえば何かを頼むとき、苦虫(筋緊張のせいで顔がゆがむことは別)で頼んだり笑顔がないと、相手も笑顔をする気にはなれないと思うのです。

ここで、笑顔があれば、相手もきっと笑顔が返って来ます。

大笑い、笑顔は自分だけではなく周囲までも明るくしてくれる、緊張を解き放ってくれるものだと思います。




まとめ
・CPはよく笑う人が多いが、笑うことでナメられてはいけないと思う人もいる。

・笑うことで、持続はしないが少しリラックスできる状態になる。

 

笑い、笑顔は自分だけではなく周囲までも明るくしてくれ、緊張を解き放ってくれるものです。

たとえば、人に何かを頼むときでも、笑顔があれば相手もきっと笑顔を返してくれます。

笑いや笑顔で、明るく健康に過ごしていきましょう!

 

 - 脳性麻痺