脳性マヒ(CP)の人の不随意運動を抑制するには? - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

脳性マヒ(CP)の人の不随意運動を抑制するには?

      2017/08/10

fuzuiundou-yokusei01

前回のコチラの記事でも紹介していますが、脳性マヒ(CP)の人には運動機能を司る脳から命令される動きに障害が起こる不随意運動というものが症状としてあります。

これは自分の意識と反する動きが起こり、それによってCP(特にアテトーゼ型)の人達は誤解をされやすい障害なのですが、この不随意運動を抑制させることは出来ないのでしょうか?




不随意運動の抑制はできる!?

fuzuiundou-yokusei02

残念ながら現在の段階では、不随意運動の抑制は薬物治療法による治療効果は難しく、神経系の薬ジアゼパム(セルシン・デパスなど)で筋緊張を少し緩和させる程度です。

理学療法士に相談し、リハビリによる筋肉をほぐすような自主ストレッチをする人もいますが、私の見解では上記と同じ程度のものだと感じます。

それよりも、

心をいかにリラックスさせられるかが大切だと思います。

「私の体はこの先どうなっていくのか・・・?」など心配したり、

周囲の人が焦らせたりイライラしたら本人はストレスがたまり余計に症状が強くなります。

意識を他に向けることも効果的ですよ。

楽しい会話をしたり、

興味のあることをしていると症状を忘れていることもありますから。

 

私の場合

私は眠剤を含めて薬で少し緩和は出来ますし、車椅子になってから筋肉痛も減りました。

が、ストレスや心配事が増えてくると、不随意運動、筋緊張、言語障害といった症状が強まります。

ですので、やはりどうすればリラックスさせられるか、周囲にもいかに協力してもらえるかが課題になっています。




まとめ

現在の段階では不随意運動の抑制は難しく、神経系の薬で不随意運動による筋緊張を少し緩和させる程度です。

医学的に不随意運動を治せなくても、一番大事なことはCPである本人が投げやりになることなく、自分を受け入れることです。

心をリラックスさせること、意識を他に向けることが大切です。

笑うことや好きなことをする時間を持てばリラックス出来ます。

まず一番にリラックスすることを心がけ、周囲の人も本人がリラックス出来るように協力してあげて下さい。

 - 脳性麻痺 ,