便秘解消に抜群!?ヨーグルトを食べるときの2つの疑問 - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

便秘解消に抜群!?ヨーグルトを食べるときの2つの疑問

      2017/08/11

 image002

便秘になるとお腹周りの問題だけでなく体がだるくなったり、肩がこったり、イライラしたりなど、体全体の問題にも発展してしましますよね。

そこで便秘解消にヨーグルトを食べようと思っている方は多いのではないでしょうか?

 

私も周りの人から

「どのヨーグルトが一番効くの?」とか、

「いつ食べたらいいの?」などいろいろな質問をされます。

 

インターネットの書き込みを見ると生きたまま腸に届くヨーグルトがいい。

とか、

朝に食べると効果的。

とか、

情報が錯綜しておりどれが正しいのかわからないと思われた方も多いのではないでしょうか。

 

今回はヨーグルトを食べるときの2つの疑問を解決していきます。




生きたまま腸に届くヨーグルトの方が効果的なのか?

 

乳酸菌が生きたまま腸に届きそれが繁殖して善玉菌を増やし腸内環境を整える。

とよく聞きますが、腸まで届いた乳酸菌は腸内で繁殖しないことが判明しており、ヨーグルトで腸内乳酸菌の絶対数を増加させるのには無理があると私は考えています。

 

ただし腸に届く前に死んでしまった乳酸菌にも悪玉菌をおさえる効果があることがわかっていますので、便秘解消にはやはりヨーグルトは効果的です。

 

便秘解消でのヨーグルトを選ぶときのポイントはやっぱり自分が一番食べやすいヨーグルトを選ぶ。

これに尽きるんじゃないですかね。

市販されているものであれば今はどのヨーグルトにも整腸作用が期待できるので、後は味、量、価格など自分にあったものを選ぶのがベストですね。

 

ヨーグルトは朝食べるのが効果的なのか?

image004

朝は腸が活発に動くので、ヨーグルトを朝食に摂ることで更に便通をよくします。

と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか??

 

しかし、朝食べたヨーグルトが腸に届くまでには少なくとも2時間以上はかかるはずです。

2時間後というのは、家事が忙しい時間帯や仕事が始まる頃になるくらいじゃないですか。

 

さあこれから気合を入れて仕事を頑張ろう!

という時に、ちょっとトイレに・・・

なんていうことになってしますので、私はあまりおすすめしません。

 

「朝食べるのでなきゃ、じゃあいつ食べるのがいいの? 」

という声が聞こえてきそうですが、便秘解消だけで言うならやっぱり夜が一番です。

 

人は寝ている間に体の機能を修復させるので、その時間に合わせてヨーグルトを食べてあげると効果的です。時間は遅くても9時までには食べ終えておきたいですね。




まとめ

 

ヨーグルトは腸を整えるのに効果的ですが、食べる環境を整えることも大切なんです。

無理して食べるとストレスになり逆効果になってしまったりもしてしまいますので、

個人的には食べたい時に食べたい種類の物を食べるのが一番おすすめ。

 

あと、ヨーグルトの効果を効率よく得るために、食事や睡眠などの体調管理にも気を付けてくださいね。




 - 健康食材, 腸内環境・便秘改善