これで便秘解消できる!? 対策を習慣化させる3つのコツとは - 暮らし快適通信

暮らし快適通信

脳性麻痺などの障害、体臭やワキガの悩み、便秘やアレルギーの悩みといったコンプレックスやストレスとさよならして健康で快適に暮らしていくためのきっかけとなれる情報を発信していきます。

これで便秘解消できる!? 対策を習慣化させる3つのコツとは

      2017/08/10

便秘解消の対策習慣化01いい便秘解消法が見つかったとしても、それを継続できなければ効果は期待できないですよね。

これは効きそうだなと思いやってはみたものの、以外に難しくて途中であきらめてやめてしまった。

なんていう経験はありませんか?

 

そこで今回は習慣化できるようになるための3つのコツをご紹介し便秘解消に役立てていただきたいと思います。

効果的な方法を継続的させて、1日も早く便秘を解消させたいですね。




1・確実にできることから始めてみる

 いきなり難しいことを始めても、三日坊主になってしますのは目に見えています。

まず、数ある便秘解消法の中からこれなら確実にできると思う方法を選ぶことが大切です。

例えば、朝は必ず野菜をたべる、ヨーグルトを食べるとか夜はゆっくりお風呂につかり体を温めるなど、

これなら自分にも確実にできる!

簡単にできる!ということから始めてみましょう。

 

2・継続していることを記録に残す

便秘解消の対策習慣化02

物事を続けていくためには自分は目標を達成するために取り組んでいるのだという、ある程度高いモチベーションを保っていかないとできませんよね。

継続できているということが一目でわかればモチベーションも下がりにくくなり持続することができます。

カレンダーや手帳などに出来たことを毎回記入し継続できているのを目で見て実感することで、モチベーションが上がり継続力も高まります。

 

3・誰かに伝える

 自分が今取り組みを行っていることを誰かに伝えましょう。

人に伝えることで、自らの緊張感を高めるのと同時に継続力を高めていくことができます。

 

伝える人が大切な人になればなるほど緊張感が高まるので意識は高くなります。

しかし過度のプレッシャーは負担が大きくなりかえって逆効果になってしまうこともありますのでので、気を付けてくださいね。

 

習慣化にかかる期間は個人差がありますが、例えば片付けする、間食をやめる、読書をするなどの行動を習慣化させるのには1カ月、トレーニングやダイエットなど身体を動かすことであれば3カ月ほど継続できれば習慣化できると言われています。

 

習慣化されれば特に意識をしなくても自然とできるようになるのですね。

効果的な便秘解消を継続させ辛い症状を解消させたいですね。




まとめ

 

人はなかなか変わりたがらないので、新たなことを習慣化するには多少なりと努力が必要です。

継続がなるべく苦にならないよう、まずは気軽に色々なことを試みて自身にあった方法で習慣化につなげていきたいですね

体が習慣化されれば、便秘解消はもうすぐそこですよ。




 - 腸内環境・便秘改善 ,